2012年09月01日

元ガラケーユーザーがGALAXY S3 (SC-06D)をレビューしてみる(その3)

レビューその3です。この記事を書いている時点で、使い始めておよそ1ヶ月ちょっとです。
元ガラケーユーザーがGALAXY S3 (SC-06D)をレビューしてみる(その2)」からの続きです。


★新品(未使用品)★docomo/ドコモ Galaxy S3 SC-06D 白ロム携帯 標準セット品



側面のボタン

その1でも書いたように、GALAXY S3はでかくて片手で操作するのはちょっときついです。それもあって、防護カバーをつけるのを躊躇っていました。やっぱすっぴんがいいよね〜。

ところが思わぬ問題がありまして。左側面のボリュームボタンや、右側面の電源ボタンを誤って押してしまうことがよくあるのです。特にボリュームボタンを誤って押してしまうと、マナーモードが解除されてしまいます。仕方ないのでカバーを付けました。誤ってボタンを押すことも少なくなり、すこぶる快適です。



スクリーンショット

Android 2.3.3 (Gingerbread)からOSの機能でスクリーンショットを撮れるようになりました。もちろん、我らがGALAXY S3もいけます。やり方は、
電源キーとホームキーを長押し
です。

これ、どちらかを押しながらもう片方を押す、ではダメです。同時に押し込んでそのまま手を離さず1秒くらい押しっぱなし、って感じです。なお、機種によっては押すボタンが異なるようです。GALAXY S3以外の機種ではご注意ください。

保存先は本体メモリのScreenshotsディレクトリで、画像形式はPNGになります。



手書き入力

手書き入力を試してみます。「T」みたいなアイコンを押すと手書き入力モードになります。
手書き入力

思ったより認識精度は高い感じです。画数の多い漢字もわりと正しく変換してくれます。また、漢字仮名混じりで手書き入力して、そこからさらに漢字変換することもできます。状況によってはちょっと便利かも。

ただ、一般的にはどうしても入力スピードは遅くなりますね。読み方のわからない漢字を入力するときや、さくっと記号を入力したいときに使うのがいいのではないでしょうか。そういえば一部の記号は全く認識してくれませんでした。「∇(ナブラ)」とか「∀(ターンエー)」とか「∫(インテグラル)」とか。数学系はダメなのか?



バイブレーション

私はGALAXY S3に対してそこそこ良い印象を持っているのですが、唯一絶対に認められないのがこれ。とにかくバイブレーションが弱すぎます。硬い机の上に置いていても、まさに蚊の鳴くような感じで震えます。着信があっても普通に気づきません。一応、「設定」→「サウンド」でバイブレーションの強度を調節できるのですが、最強にしてもいまいち・・・。。まぁ、昨今のスマホでは、でかいモーターを積む余裕なんてないのはわかるんですけど。



ワンセグ

ワンセグなので画質はお察しのとおり。GALAXY S3の美しい有機ELディスプレイには到底似つかわしくないダメ画質です。もちろんGALAXY S3のせいではないです。

むしろ文句を言いたいのはプリインストールされている「Gガイド番組表」ってアプリです。まず重い。たかが番組表なのにこれでもかというくらい重い。カックカクですよ。次にUIがいまいち。番組表から見たい番組を選んでワンセグで表示、ってやるのに3回もタップしなきゃならんのですよ。激重のアプリで3回もですよ。1タップで何とかしてほしいところ。

ワンセグに過度の期待をするのもどうかと思いますので、まあこんなものでしょうか。つーかなくても良かったのでは?ワンセグ用アンテナもついてるし、ハードウェアの設計がつらくなるだけでしょうに。



おサイフ

我らがGALAXY S3にはFeliCaが搭載されていますので、EdyやらIDやらが使えます。GALAXY S3とは関係なく、モバイル+電子マネーの便利さは全人類が使うべきものといっても過言ではありません。私もよくコンビニなどで使ってるのですが、ちょっと困ったことが。コンビニの端末にGALAXY S3の背中をタッチすることで代金を支払うんですけど、GALAXY S3の背中って父の背中より広いでしょう?ていうより図体がでかいでしょう?対してコンビニの端末(特にファミマ)は小さいんですよ、GALAXY S3よりも。なので認識してくれないことが2回ほどありました。背中にFeliCaのマークが印字されてるので、そこらへんでタッチするように注意するといいかも。



★新品(未使用品)★docomo/ドコモ Galaxy S3 SC-06D 白ロム携帯 標準セット品
タグ:レビュー
posted by ぺるたご at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/289636652

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。